報道発表資料

平成11年5月10日

(株)中 国 放 送

『エリアかくべえ』

映像情報メディア学会

平成10年度 技術振興賞進歩賞 受賞

RCC、エム・ディー・エス(株)、(株)ユニコーンが共同で開発・販売している電波伝搬シミュレーションシステム「エリアかくべえ」が平成10年 映像情報メディア学会「平成10年度技術振興賞進歩賞」を受賞しました。


昨年2月の発売以来、   中国電気通信監理局 電波の日感謝状(平成10年6月)   日本民間放送連盟 連盟賞技術部門優秀(平成10年10月) と賞を受賞してきた「エリアかくべえ」がまたもや栄冠を勝ち取 りました。
映像情報メディア学会「平成10年度技術振興賞進歩賞」は 映像情報メディアに関して優れた業績をあげた者を表彰し、わが 国のこれらの分野における基礎的研究の振興と、その応用の促進 に資するために設けられたものです。
技術振興賞は進歩賞・開発賞・放送番組技術賞の3賞からなり ます。 このうち、進歩賞は、放送現場・製造現場の部門において映像 情報メディアに関する方式、システム、機器、デバイスの改良、 運用・技術管理面でのすぐれた考案を行い、実用に供して顕著な 効果を示したものに与えられます。
放送局・携帯基地局などの置局検討において、効果的に活用で き、詳細な検討を行うための基礎資料を作成する能力が認められ たものと思われます。 また、発売本数も順調に推移し、4月で合計50本の注文を達 成することができました。
機能や計算方法について、多くの方から貴重なご意見をいただ き、さらなる改良も継続しておこなっています。

エリアかくべえ主な成約先
平成11年5月現在
郵政省放送行政局、通信・放送機構 TBS、NHK、フジテレビ、テレビ朝日、毎日放送 読売テレビ、広島テレビ、広島ホームテレビ、山口放送 とちぎテレビ、エフエム大阪、エフエムサウンド千葉 日立電線、電気興業、八木アンテナ、古河電工、三菱電気 日本無線、中国電力 など